いしがきミュージッックフェスティバル

岩手県盛岡市で開催される、いしがきミュージックフェスティバル。今年もありがたいことに、SWANKY DOGS出演致します。

いしがき10年目。10年、色々あった。

第一回に弾き語りで出演したのもカウントすると、洞口いしがき皆勤賞です。

10年前は、高校3年生。(吐きそう)
その時はちょうど、今はなきストリートファイターズという音楽番組に取材してもらっていて、高校の時に組んでいたバンドが休止して弾き語りで活動している可哀相な人、が音楽を通して成長していく、というストーリーを醸し出した、物のクライマックスがいしがきで歌っているシーンだった。(のをさっき思い出した)

全くもって経てきた自慢をしたいわけではないけど、時間を経ていけば、当たり前のように色々ある。笑ってしまうほどもうバンド続けられないでしょ!さようなら!、という時も何回かあったし、よくある話かもしれないけどバンドから離れていく仲間たちや、もちろん個人的な別れや出会いもたくさんあった。(思い出せない、思い出したくないものも含めて)

それでも続けてこれたのは、いしがき、というのものが大きすぎる。
マインドの部分はもちろん、実質的にも、初めてちゃんと音源を出したのはいしがきのオーディションイベント(いしがきミュージックブルーム)で優勝した時だし、数年前初めてメインステージに立てた時は、各所からたくさんのレスポンスをもらえ、そこから活動の幅はとても広がった。

ここ最近は運営側のとてつもない大変さ、苦労や心労も、痛いほど身にしみる。(自分は運営には一切関わっていません。からこそ)

だからこそ、その全てをひっくるめて、この1日が楽しく、素晴らしい感動に包まれる日になるように、自分たちもその一部として死ぬ気で歌いたい。と、思っています。

とはいいつつも、イベント全体をフラットに楽しみたい。楽しみな要素も多すぎる。
健さんと千葉さんが盛岡で共演(ちょっと、これは、頭が追いつかない)とか、クライベイビーズ復活(昔ローディーという名の研修生してた)とか、口笛おじさん皆勤賞(各所で話題、今年こそ、と思いながら毎年見れない)とか、たくさんあります。

長くなりましたが、それだけ思いがあって、後ろを振り返るわけではなく、でも、生きてきたなあ、というものを噛み締めて、みんなと楽しみたいと思ってます。

わたしといしがき。

色々な状況の人達が、今もずっといる、ということも、心から思いながら、
13:25から、MOSSステージで待ってます。

そのあとHAWAIIAN6も待ってます。

Share:
Copyright © 2012-2019 SWANKY DOGS All Rights Reserved.